広島の風物詩「盆灯篭」ってなに?

お盆の風習は地域によって異なるものです。
その中でも、広島県にある「盆灯篭」は、見た目にもとても色鮮やかで、他県の人が見ると思わず目を惹くインパクトがあるようです。

お盆の時期になると、広島県ではスーパーやコンビニでも盆灯篭が販売されるようになります。
盆灯篭は赤・青・黄色など色鮮やかな色紙で作られたカラフルなもので、表面に金箔をつけることもあります。
広島県ではお盆になると、お墓参りをした人が、自分の名前を記した盆灯篭をお墓の周りに建て、お盆の時期が過ぎるとこの盆灯篭は焼却処分されます。
お盆の時期になると広島県の墓地では、このカラフルな盆灯篭が立ち並んでおり、その風景はまさに風物詩ともいえるでしょう。
他の地域ではなかなか見られない風習なので、この光景を見た県外の人はみんな驚いて「あれはなに?」と尋ねてしまうそうです。

広島の盆灯籠は、江戸時代に広島県に住んでいた紙屋のご夫婦が、手作りの紙灯篭を亡くなった娘さんに供えたのがもともとの始まりであると言われています。
それからは浄土真宗のお寺で習慣として行われていましたが、広島県では宗派に関係なく、お盆には盆灯篭を供えています。
盆灯篭の価格は大きさで前後するものの、約600円~1000円で売られています。
灯篭というと綺麗な六角形をイメージする人が多いと思いますが、広島県の盆灯篭は下部が切り離してあり、ヒラヒラと揺れ動きます。
これは雨が降った時に水が溜まらないようにするために編み出された工夫なのだそうです。

近年では盆灯篭の処理が負担であるとして、盆灯篭を禁止するお寺も増えているそうです。
しかし盆灯篭は長年続いている素敵な風習ですので、参拝者が盆灯篭を持ち帰るといった工夫を凝らして、いつまでもこの鮮やかな景色が続いていくといいですね。